CORPORATE FITNESS

企業フィットネスのお客様

目的 従業員とその家族の仕事と、生活のバランスを保ち、健康的な生活を守るために福利厚生の施設として、WWSアクアエクササイズを促進します。
使用 従業員の生産性を高上す事を目的とし、その家族も利用可能。
効果 従業員の生産性の向上と仕事の上達。
病欠日数削減、退職率の低下。
優秀な人材の確保、モラルの向上
  • 小規模WWS施設

    1~3台

  • 大規模WWS施設(水中歩行館)
    大阪工業大学建築学科設計第1研究室 設計

    10~20台

企業内WWS施設導入のメリット
企業フィットネス施設を運用するメリット
  • WWS施設導入の目的

    1.従業員の生産性の向上
    2.病欠日数の削減
    3.退職率の低下
    4.優秀な人材の確保
    5.モラルの向上

  • 導入で改善した点

    1.ストレスマネージメント
    2.集中力・持久力の向上
    3.体重コントロール
    4.筋力強化・柔軟性の向上

  • 導入の効果の目標

    1.生産性の向上 10%/1日
    2.従業員一人あたりのコスト減
    3.病欠日数の削減
    4.退職率の低下 2~3%